2008年12月24日

台北2009〜行ったところ〜

たいした所には行ってませんが・・・。初日は、九份。
台北より、車で3〜40分(だったと思う)。
金城武主演の映画の舞台になった、レトロな町並みの町です。

まず印象としては、階段がっ!というのと、茶芸館だらけ、という事でした。
実際に階段を上って行くと、狭い路地にお店がたくさん並んでいて、入り組んでいました。
お店自体にはあまり興味を引かれませんでしたが、太平洋を眺められる場所があり、そこからの景色が綺麗でした。

あとは、茶芸館にてお茶して、夕飯後、ホテルへ。

晩御飯は台湾料理で、ハマグリのスープ、海老、切干大根入り玉子焼き、空芯菜の炒め物、チャーハンなどが出てきました。

二日目は、まず両替へ。
その後、待ち合わせをしていたので、知り合いと飲茶。
泊まっていたホテルの2階にレストランがあるので、そちらでごちそうになりました。

私が矯正をしているので、敢えて柔らかい物を頼んでくれ、大根もち、海老餃子、豚の角煮、春巻きなど食べました。
他にもありましたが、何せ会話を英語でしないといけなくて、そちらに集中しており、覚えきれてません。。
中に一つ、よく分からないものがあったのですが、取り分けてくれた物を見ると、トリの足が・・・!
そういう食文化だとは分かっていても、気分が悪くなり、食べられませんでした・・。

私としては餃子系をもっと食べたかったのですが、おごりだし、餃子類は結構な値段するのを知っているので、遠慮しました。

最後に、マンゴープリンならぬ、マンゴーヨーグルトを頂き、お開き。今後の予定を聞かれていたので、もしかしたらどこかに連れていってくれるつもりだったのかも知れませんが、「私の友人と会うから。」とお断りしました。すみません・・。

本当は、体調不良だったんですよ。
あ、でも、友人と会うのも本当。

ランチ後、部屋で休憩し、メトロにて中正記念堂の辺りへ繰り出しました。
記念堂は何回も行ってるしどうでも良くって、実際に行ったのは、スーパーマーケット。地下にあるのですが、他のスーパーマーケットよりも安め。
そこで、前回紹介した、パイナップルケーキなどを買い込みました。(いつも、このスーパーには行くの)

そこでのお買い物をすませ、三越にてショッピング、コンビニでカップ麺を買い、母はそれを夕食代わりにしていました。

私は・・・お昼の食事がもたれてて、夕飯抜きでした・・。

三日目。
東門市場へ。
メトロが出来、移動が楽になったとは言え、東門市場へは今ひとつ交通の便が良くないので、いつもタクシーで行っていました。

が、今回は頑張ってみた。
・・・。
遠かったです。
暑かったし、着いた頃にはグロッキー。

ごちゃごちゃ〜と入り組んだ所に、お肉、卵、惣菜、野菜とか果物とか売っています。お肉はお肉部門、野菜は野菜部門に分かれてはいますが。
あらかた日本の市場のイメージで良いかと。
ただ、カゴに入れられた鳥がいるので、これはきっと注文が入ると・・・。
日本でも、昔はそうだったのでしょうか??

こちらの市場では、点心が買えます。
ごま団子、海老餃子など。
お店で食べるよりも安いし、おいしいです。

この後、スーパーマーケットや花市に行く予定でしたが、もう疲れてそれどころではなく、大人しくホテルへ帰りました。

そして、友人と会い、台北101へ。
っても行っただけです。
コーヒー飲んだだけです。

晩御飯は彼らとホテル近くのお店へ北京ダックを食べに行きました。
メインはもちろん北京ダック。
皮も肉も頂きました。
あと、貝柱の卵とじ、ザーサイとビーフンのスープ、サラダ、グリンピースと野菜の炒め物など。

おいしかったんです、今思うと。
だけど、食べている時は胃がもたれていて、おいしさを感じられず・・・。

最終日は、東門市場に点心を買いにいって、日本に持って帰るはずだったんですが、断念。
二人とも、疲れて疲れて。

だから、ホテル近辺の散策だけしました。
裏手を少しいったところに公園があり、そこで野生化したと思われるオカメインコを発見。

ハトにまじって餌食べてました(笑)。

とまあ、こんな感じです、今年の台湾。

今度は、体調を整えて行かなければ。

posted by KINAKO at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | 台北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。