2006年09月05日

台北での食べ物

今も懐かしく思い出す台北での暮らしといえば、食べ物が圧倒的
中には「ウゲッ」ってのもありますが、おいしいものはおいしいのです。

『ザーサイ』
私は真空パックにされたものしか見た事がないのですが、それを少し塩出しして、ごま油&しょうゆで温かい白いご飯にかけて食べるのが最高です。
他には、ザーサイ麺。あっさりスープに麺とザーサイが入っているのみ。
あとはチンジャオロースーに入れても良いかと。

『牛肉麺』
日本の中華料理店でもありますよね。(あったよね??)
くたくたに煮込んだ牛肉を載せた麺です。
私たちは特に『牛肉削麺』がお気に入りでした。普通の麺と違い「削」と書いてあるぐらいですから、まさしく削った麺が入っています。肉でだしをとったスープに牛肉、麺、そしてシャンサイを載せて、はい召し上がれ。

『排骨飯(ぱいくぅふぁん)』
ご飯の上に、豚の揚げたもの、肉味噌、お漬物を載せたもの。
豚の揚げたものは、いまだにどこの部位かわかりません。
ロースみたいに薄い一枚肉を揚げて4つぐらいに切ったものが載せてあるのですが、必ず骨が入っています。さばき方がこちらと違うのでしょうか。
お漬物は、その時々によって違いますが、大体キャベツだか白菜だかが多かったかな?
これに、台湾製のお酢をたーっぷりかけて食べるのが好吃。
住んでいた家の近所においしいお店があったので、よく食べに行ってたのですが、残念ながら閉店してしまいました。

『わんたん』
住んでいた家の近所にあった釣具やさんが、なぜか「わんたん」を売っていました。
これが、おいしい!
でも、中身のお肉はついにわからずじまい。
いくら煮ても黒くならないお肉でした。
我々の中では「きっと犬の肉なんだよ」という結論に達しているのですが、はたして真偽の程は・・・。
このお店も残念ながら閉店してしまいました。

『ぽーくぼーる』
豚団子なんですけどね。かったいのなんのって。肉以外に何をまぜりゃー、こないに固くなるのってぐらいに固い。まあ、食べ物なので、歯では噛み切れますけど。
セロリを浮かべた豚ガラスープに豚団子を入れて一緒に召し上がれ。

とまあ、思いつくまま書いてみました。
あとは、冷凍食品の水餃子やねぎ焼き、忘れてはいけないちまきやパイナップルケーキなど。
月餅もありますが、これは好き嫌いが分かれるようです。

ザーサイやパイナップルケーキ、月餅、ちまき、冷凍の水餃子などは南京町でも入手可能です。(ザーサイは、だだがらくて食べれたものではなかったのですが)
でも、料理はなかなか。
中華料理店は数あれど、いまだに「これは!」といったお店に出会えたことはありません。
確かに平均的に日本でのお店はおいしいのですが、やはり日本人の味覚にあわせてあるのでしょうか。何か物足りません。
これは私だけではなく、台湾に住んでいた他の方も言われていた事です。

台湾に行かれる事がある方は、エステやマッサージもいいですが、ぜひ食巡りをしてみて下さいね。

例え、同じ品名(例:ちまき)でも、どこで売っているものも全ておいしいとは限りません
油断してると「ウゲッ」ってのに当るよ。フフフ。

お気をつけあそばせ。

旅の醍醐味ですな。
posted by KINAKO at 15:56| 台北 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 台北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそ〜( ´∀`)
想像しただけでよだれがじゅる。←昼食べたばっかだろ(゚Д゚)

やっぱ旅の楽しみは食べ物だよねっ!
そこでしか食べられないものを味わう。
当たりもはずれもそれもまた楽しいし
まずいもんでも後になれば思い出だよね。

台湾行きたくなっちゃったよ〜。
Posted by 魚座のあい at 2006年09月06日 13:11
うんうん。中には不味いものもあったよ。
何度「ウゲッ」ってなったか。。
でも、それも本当にいい思い出だよー。

あいちゃん、ぜひ台湾へ行ってみて下さいな。
Posted by より at 2006年09月07日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。