2007年05月23日

遅ればせながら『母の日』

『母の日』から大分経ちますが。

うちの場合、4月が誕生日、5月が母の日なので、あわせてする事が多いのです。

プレゼントは選びません。
『自分が欲しい物』を勝手に買ってもらいます。
誕生日も母の日も、ボーナス時も。
「冷たいなあ」と思ったそこのアナタ!
せっかくあれこれ考えてプレゼントしても、文句を言われたらどうしますか?
例えば、服。
デザインが気に喰わないだの、素材が悪いだの。
例えば、カバン。
水に濡れたらエライ事になるだの、重いだの、量が入らないだの。
例えば、家電製品。
使い勝手が悪いだの、大きさがどうの。

「ほなら、自分の欲しいもん買いーやっ(怒)」ってなるでしょ?
私は言われた事はないのですが、義姉がね。
私は散々 人からのもらい物にケチつけてるのを、見てるからね。
同じテツは踏まない(笑)。
今や、義姉も現金ですませてます(笑)。

今年は・・・適当に欲しい物を買うだろう、と思ってました。

ところが、つい先日、私宛に郵便振替証書が届いたのです。
要らないCDと本を売った代金でした。

家に帰ると、無残に開けられた封筒と、母の問い。
「これ、何?」
「カクカクシカジカです。」

「じゃあ、何おごってもらお?母の日もらってないし。」
「えっ・・・私、使うあてあったんですけど・・・・。」とは心の声。

あの〜、こちらから「ハイ、母の日のプレゼント♪」とするものであって、自ら「母の日のプレゼントね。」とするものではないのではないのでしょうか?
とっとと、「何にする?」って聞かなかった私が悪い?
大体そう聞くと「まだ何にするか決めてない」って言うくせに。

半分は「臨時収入が入ったみたいだから、母の日にかこつけておごってもらおう」って思ったんだろうな。
あと半分は「このぐらいの出費でいいかな。」という遠慮だろう。

初めは、私と食事に行こうと行ってたのだが、私は辞退。
「誰か誘っていっといで。」と行って、誘ったのがNさん。

実は、このNさん、今でこそ疎遠だか、以前は我が家に来るたんびに「よりちゃんに。」と手土産を持って来てくれていたのだ。
そのことがフト頭をよぎる。
母の事だから、正直に「母の日に娘がおごってくれた。」と言うだろう。
Nさんは、離婚してて娘さんは父方に引き取られている。
うぅむ。。。

「・・・Nさんの分も払うわ。」
という事で、二人で先日、食事に行きました。

結局、Nさんは「よりちゃんに。」とお土産をくれた。
そんなつもりは、毛頭なかったのに。(いや、でも予測は出来た。)

じゃあ、今度バリのお土産を届けよう。
あ、またお返しくれるかな(笑)。



『ガスレンジ』か『掃除機』。

いやいや、母の日やボーナス待たなくても、買いなさいよ。
お金出すから(笑)。
posted by KINAKO at 00:00| 台北 ☁| Comment(2) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
S様やっと勝てたね!!(*^^)v

うちは、あげたものは一応喜んでもらってくれるので楽です。
でも、使わないで場所取りになっているものも多々あります。太極拳のビデオ、若すぎる洋服、電動自転車・・・・・・もって帰ろっかな。
母の日はもう、花のみです。
Posted by 日本花子 at 2007年05月24日 08:47
えぇ、やっとですよ!!

花子さんのとこのお母様、よいわあ。
義姉のプレゼントなんか、後で絶対に文句つけてるもんね。
でも、毎年だとネタなくなるよねえ。
やっぱり、母の日=花が無難だと思う。
太極拳のビデオに興味津々(笑)。
電動自転車もいいなあ。
Posted by より at 2007年05月24日 10:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。