2007年06月17日

バリ島・楽園への誘い〜滞在編・二日目〜

<二日目・ウブド→デンパサール→ジンバラン>

二日目の集合時間は、10時。
にも関わらず、起きたのは6時30分。
レストランは7時から。

はい、早速朝食を食べに行きましたよ(笑)。
ウェイトレスに導かれて案内された席は・・・ゴミだらけ(爆)!
テーブルの上も椅子の上も。
ちゃんとセットされている白いお皿に、色々色々(笑)。
そりゃあ、テラスですもん、夜の間に色々ありますわな。

日本だと、そこで騒ぐんだろうけど、こちらは慌てず騒がず。
隣のテーブルに移りました。
母は前日と同じくアメリカン、私は食欲がなかったのでコンチネンタルを頼みました。
ジュースはミックス。
本当に絞りたて100%でおいしかったぁ。

食事が来る間に、ゴミを払ったようで、テーブルを変わるか?と聞かれました。
ゴミの払い方は、椅子の場合、布を持って、パンパンパン(笑)。
テーブルクロスも、パンパンパン(笑)。取り替えるんではないんだ。
いや確かに綺麗にはなってるからいいけど(笑)。
食器はさすがに交換してたけどね。

わざわざ又元のテーブルに移ったのは、そちらの方が眺めがよかったから。
ツバメ(だと思う)がス〜イスイ飛んでるのを眺めながら、食事を待つ。
気分良いわぁ。

と、思えば、テラスの手すりに蛾が死んでた。
・・・・・でかいな。
いえ、全然気にはなりませんよ、そんぐらいじゃ。

食事を済ませた後は、の〜んびりと支度。
母は一眠り。

で、そろそろ出発時間も近いし、忘れ物(日焼け防止グッズとか、水)がないかチェックしていると。

ドンッッッ

音を聞いただけで、予測出来ました。
そう、窓に鳥がぶつかったんです。

慌てたの何の。
生きてて欲しい。
急いでプールに出たんだけど・・・・。
だめでした。。。

日本で言う、キジバトみたいなの。
色の綺麗な鳥でした。

スコップないから、埋めてあげる事は出来なかったので、
草むらに置いておきました。
いずれ、土にかえるでしょう。

この事で、かんなりテンションが下がった二日目。

まわった所は、
『ネカ美術館』→『ウブドの市場』→『モンキーフォレスト』→
『パトゥアン寺院』→金細工の村『チュルク』→『バティック工房』

ネカ美術館ではバリの絵を見、ウブドの市場では中国人に間違えられつつもティッシュボックスを値切って買い、モンキーフォレストではサルの親子に感激。
母曰く「バリは人間の顔も小さいが、サルの顔も小さい!」と。

金細工の村では、母が店員さんにタバコをあげ、ずーっとおしゃべり(笑)。

昼食はインドネシア料理。
田園風景を見ながら、ゆったりと食します。
ガイドさん「食べ終わったら、バスに来てくださーい。」と去って行きました。
むむ?ツアーだと普通「○時○分までです。」ってならないかい?
こちらの食事は出て来るのが非常にゆっくりなので、終了時間が読めないからかな?
何にせよ、せかされないでする食事って素敵♪
良いお天気だけど、風が常に通っていて非常に心地よい中、
インドネシア料理を堪能しました。
豚肉、鶏肉、魚と出てきたけど、鶏肉と魚が美味でした。
鶏肉は単純に焼いて香辛料で味付けしただけのもの。
魚はあげたものでした。
きっと、日本みたいに大量生産されている鶏ではないんだろうな。
味付けもさることながら、素材が自体がおいしんだろう。
(台湾は豚肉が美味ですよ。)
ここで、私、バナナの天ぷらを初めて食べました。
なかなかオツなお味。
添えられているライム(レモン?)をかけて食べると、なかなか美味しかったです。

あ、免税店に途中寄ったんだった。
空港受け取りというので、何も買わず。
お土産は空港でいいや。

免税店上の中華レストランで夕食。
ここで、夫婦組と親子組がハエが飛ぶだの、グラスが汚いだの、いちゃもんをつけるつける。
それをなだめる旦那さんに娘さん。
大変ですねえ。
我々ともう一組のご夫婦は、平然と「そんなもんだ」と。
このご夫婦の旦那さん、しょっ中バリに来てらっしゃるそう。
「ここなんかマシですよ。地元の人が行く店に行ったら、そりゃあもっとハエいますよ。」
ふむ。
ハエで騒ぐようでは、バリに来るな、という事ですな。

メニューは、ありきたりの中華料理。
青梗菜の炒め物、チンジャオロースー、いかの炒め物、杏仁豆腐・・・あとは何があったか忘れました。
ほとんど食べてませんもん。

あ、とうもろこしのスープ!!
もちろん、飲んでません(笑)。

この日は、夕食後ジンバランのホテルへと行き、チェックイン。
ここでも、また、一組に一人のボーイさんがついて部屋へ案内され、一つ一つ部屋の設備を説明してくれました。

こういうもんなのね、バリ。

<泊まったホテル>
インターコンチネンタル 
こちらの『クラブルーム』に宿泊。

先のホテル(ピタマハ)とうって変わって、近代的なホテル。
アメニティはAVEDA。
石鹸はAudley's LONDON。
クラブ・インターコンチネンタル利用可。
(24時間 軽食、飲み物など無料サービス、DVD、インターネット可)
「電気蚊取りあり」と書いてあったが、なかったので、持参の『蚊取り線香』で虫除け。
お水は4本。
バスローブ、スリッパ、ナイトガウンあり。
ただし、ナイトガウンは臭かった!

<写真>
暑かったので、やっぱりほとんど撮れず(笑)。

P1000875.JPG
↑ネカ美術館にて。
 それぞれの指には意味があるというのを表したもの。
 お父さん、お母さんといった家族構成も表すし、
 ○指=知性とかいった風にも表すそうな。

P1000878.JPG
↑ホテルの部屋のベランダから見た風景。
 写真では分からないだろうけど、プールがあって、
 その向こうにはビーチが。

P1000879.JPG
↑同じくホテルの部屋のベランダから。


つづく。


ブログパーツ
dekiru雨


posted by KINAKO at 17:00| 台北 ☁| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおっ、よりちゃんとこ、雨季になってる♪
雨だ、雨だーー♪

バリ、いいねいいねーーー♪
ほどよくリゾートで、ほどよく原始っぽくて、
落ち着くよねーーー。
潔癖症の方には、東南アジアはキッツイかもしれないけど(笑)。
生き生きした食材も、なんか よだれ出ちゃいそうだわ。
楽しんでリフレッシュできたみたいで、良かったわ♪
あと、すんごい孝行娘!
うーーん、よりちゃんママしあわせよねえ、まじで。
Posted by どれみ☆ at 2007年06月19日 17:13
早速、しちゃったのよー♪
梅雨だから、雨ね。
と思いきや、セミ鳴いてるぅー(泣)。

バリは良いですよー。
たくましい方にお勧めです(笑)。
いちゃもんをつけていた人々を眺めつつ「ほなら、何で来たん?」と心の中でツッコんでたわよ。
私はハエがどうとかよりも、暑さでまいったわー。

リフレッシュしたはずなのに、もう既にまたリフレッシュしたい私(笑)。

>あと、すんごい孝行娘!
それは違うと思う(笑)。いまだにおんぶに抱っこよ。
Posted by より at 2007年06月20日 08:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。