2007年12月26日

タイ編〜二日目〜

二日目です。

うちの会社がタイにあり、そこの日本人スタッフS君に案内してもらうつもりだったので、全部観光つきではなく、フリーありのツアーにしたのです。

泊まったインペリアル・クイーンズ・パーク・ホテルが彼の住居より近いらしく、待ち合わせ場所はホテルのロビー。

車だというので、ロビーを出て少し待っているとやってきたのが、ミニバン。車はレンタルだそうですが、何とフロントガラスには会社名がっΣ( ̄□ ̄|||)
観光バスで「○○ツアー御一行様」ってフロントガラスに紙で貼ってありますよね。
まさしく、それです。

何でやねん。。。

予定としては、ムアン・ポーラン→パタヤでニューハーフショーだったのですが、ワニ園へ行く途中で拾った、日本語が話せる我が社の現地スタッフが「ワニ園に行く?」と提案。時間に余裕もあったので、道に迷いに迷ってワニ園へ。

※ムアン・ポーランは「ミニタイ」と呼ばれていて、タイの名所のミニチュアや古代の家などが展示されている、とっても広い場所です。
自転車、もしくは車じゃないと、徒歩はきつい。

チケットは、タイ人と外国人だと値段が違うんだって。
へ〜。
そして、入り口でチケットを半分ちぎるのですが、日本みたいに点線が入っているわけではないので、びりびり(笑)。

こちら(ワニ園)のサイトの方は、色々されてますが、
我々は、ワニのショーを途中から見て、後は園内をぶぅらぶら。
あまりにも大量のワニにびっくりでございました。
クロコダイル&ズーとなっているだけに、トラ、サル、鳥、ゾウなどが園内にいました。

Image109.jpg
こんな感じで、うじゃうじゃ。

意外と楽しかったですよ。
S君は、射撃をしてました。
私もすればよかったかな。

お昼は、日本食レストランへ。
といっても、ファミレスみたいな感じです。
私は『冷やし中華』を頼んだのですが、出てきてびっくり。
ごまだれなんだけど、どうみても「しゃぶしゃぶのごまだれ」なんですよね。
食べてみて「正解!」でした。
初めは、おいしいと思ったんですが、終わりの方はしつこい。
何だか、びみょ〜にズレてんじゃん、冷やし中華。。

そして、食後にアイスコーヒーを飲んだのですが、あまりの甘さに一口でギブアップ。
「タイ人は甘いの好き。」って限度がありますぜ、限度が。

その後、ムラン・ポーランへ。
とてつもなく広い敷地なので、車で見て回りました。
私は暑いので、写真やら建物の中に入るのはどうでもよかったのですが、現地スタッフの人が「ここで写真を撮りましょう。」「中に入りましょう。」とひっぱるひっぱる。
あなた、ガイドさん(笑)?

普段は自分の写真なんて皆無なんだけど、今回はたくさんありますよ、お陰様で(笑)。
ただし、自分のデジカメ忘れたので、人のんに写ってます。
しかも、日傘、帽子、サングラス、首にタオルという怪しい格好ですけどね(笑)。

Image110.jpg
鹿がそこら辺にごろごろ。ムクドリもいました。写真ないけど。

ここをとりあえず一周して、いざパタヤへ。
バンコクからは車で一時間半から二時間ほど。
着いた時には、既に日は落ちていたのでよく見えなかったけど、ちゃんと海がありました。
町並みは賑やかですが、バンコクの賑やかさとはまた違う。
いかにもリゾート地って感じで、西洋人がわんさかいました。

我々が行ったニューハーフショーは「アルカザール」という所。
VIP席取ってくれました。
が、満席で、最前列とはいえ、はじっこ。
贅沢は言うまい。
時間をずらせば空席はあったんだけど、帰りが遅くなりすぎるので却下。

開演前には、表でニューハーフの方と写真が撮れます。
40バーツ。一枚のみ。日本の物価から見ると安いけど、タイの基準からいくと、これは結構いい稼ぎになるのかな?

しんっけんに、選びました。
撮るのなら、可愛い子がいいもんね〜。
って、自分のカメラじゃないんだけどさ(笑)。

ショーはこんな感じです。
Image107.jpg
Image108.jpg
この二枚だけ撮って、携帯の電池切れました。。

大勢で踊るのもあれば、三人だけで踊るのもあり。
お笑いも勿論あり。
あっという間の一時間でした。
いやぁ、楽しかった。

パタヤにはもう一軒「ティファニー」というお店があるらしのですが、
今度はそこに行ってみたいです。
規模は、アルカザールよりでかいとの事。

「ニューハーフは・・・。」と言っていたS君ですが、自分の好みの子だけ写真を撮ってました。
分かりやすいねえ(笑)。

夕食は、パタヤからの帰りにあったシーフードレストラン。
現地スタッフの人が全部決めてくれたのですが、どれもおいしい!
特に、えびが激うまでした。
お野菜、かに、魚の揚げたもの、かまぼこみたいなの、チャーハン、貝などなど。

ただし、パパイヤサラダだけはちょっと・・・。
激辛なんです、これ。
「たぶん、日本人は食べれないと思う。」と言われたのですが、物は試しで食べてみたら、ほんまに辛いっ!
一口で降参でした。

ホテルに着いたのは、真夜中。
我々は良いのですが、一日付き合ってくださった現地スタッフの方に、感謝してます。
遅くまで、ありがとうございました。







posted by KINAKO at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。